夏でも体を冷やさない

冷え症の方は、冷えを感じると体を温めようとしたり、温かい物を食べたり飲んだりすると思います。しかし、夏の気温が暑い時期は冷えをそれほど感じなくなるため、冷え性対策を怠りがちになります。残念ながら、夏に冷え性対策を怠ってしまうと、外気温が下がってくる秋頃からまた冷えの症状がひどく出てくるようになります。冷えを悪化させないためにも、夏の時期にも油断せずにしっかりと冷え性対策をすることが重要になります。

夏は冷たい物の食べすぎ、飲み過ぎに注意してください。気温が高くなるとどうしても冷たい物が欲しくなってしまうのですが、それらは内臓を冷やします。冷えた内臓は機能が低下してしまうので、体は内臓に熱を集中させて機能を維持させようと働くようになるのです。気温が高いとそれでも冷えを強く感じないので体調不良や冷えを実感しにくいのですが、そのような生活を続けていると内臓機能も弱って、冷えの症状がひどくなっていきます。夏でも冷たい物の食べすぎ、飲みすぎは極力控えて自分の体温よりも温かい物を摂るように心がけましょう。

また、女性は夏にサンダルに生足というスタイルをする方が多く見られますが、裸足の状態のままだと足の冷えを加速してしまいますので、靴下かストッキングをはいて冷えないように努めたほうがよいです。