腹巻は一年中身に付けよう

体が冷えていると感じた時、人間の体は内臓部分に熱を集中させて内蔵の機能低下を防ごうとします。体全体の熱がそこに集中してしまうため、その他の部分の冷えがより一層ひどくなってしまうのです。

冷え症対策としてはお腹の周りを冷やさないことがとても重要になります。お腹部分を一定の温度に保っておくことで、体全体の熱がお腹に集中することを防げるのです。お腹を冷やさないために効果的な対策としては、腹巻を一年中使用することです。最近またおへそを出したり、股上の浅いボトムスを履いている女性向けのファッションが流行っていますが、あのようなファッションをしているとお腹が急激に冷えてきて、ますます冷えの症状がひどくなってしまいます。

冷え症が酷い方はお腹の露出が多くなるようなファッションはできる限り避けるのが無難です。夏でもウエストまでしっかりと覆ってくれる下着やボトムスを選び、そして腹巻を使うとさらに温め効果がアップします。腹巻ですが、夏は外気温も高く汗もかきやすいので、コットン素材の物を使うのが適しています。夏は室内と外の寒暖差が激しくそれで体調を崩すこともあるため、暑くても腹巻でしっかりとお腹周りを温めましょう。冬は外気温も低く冷えやすい時期ですから、ウール素材の腹巻を選ぶと保温効果が高いです。