冷えに効果的な靴下

冷え対策として靴下をはくときは、厚手の靴下をはくか何枚も重ね履きをして温めようと試みるのではないでしょうか。冷え症対策として靴下をはくときは、一般的な靴下よりも5本指ソックスのほうが効果的です。冷え症の方は手足の冷えが酷いですが、それは血行不良が原因です。手足や体の末端部分を通っている血管は、人間の髪の毛よりも細い毛細血管と呼ばれる血管です。そのためちょっとした影響で血液の流れが滞りやすく、冷えが起こりやすいパーツなのです。

指先が分かれていない靴下をはいてしまうと、足の指が圧迫されてしまって血行不良の症状をますます悪化させてしまうことになります。5本指ソックスは指の部分がそれぞれ独立しており、中で指先が自由に動くため圧迫感もなく、血の巡りを邪魔することもありません。

冷え取り対策として靴下を選ぶ時は、ヘンプ素材の物を選ぶと効果がみられます。ヘンプには人の体の毒素を吸収してくれる作用がありますので、足の部分にたまっている老廃物の排泄を促進してくれるのです。老廃物が排泄されると血の巡りも改善されてきますので、冷え性対策にも効果的なのです。また、靴下一枚だけでは冷えが改善されない時は靴下を重ね履きするのも効果的なのですが、締め付けの強いタイプを履いてしまうと血流をとどめてしまうため逆効果となります。

また、就寝時は靴下をはいてはいけません。睡眠中に足の裏から汗をかくので、その湿気が靴下の中でこもってしまい逆に冷えてしまうからです。就寝時に足を温めるものとしてはレッグウォーマーをおすすめいたします。

ヘンプ靴下の一例
http://www.ooasa.jp/wear/index.php?socks5f